水鐘研究室の人事ファイルと個人的メモ

名前: 水鐘 朱里 (Mizukane Syuri)

セキュリティクリアランス: 3(低温保管室・薬品庫内の物品について限定的に4)

所在: サイト-81██水鐘研究室、低温保管室・薬品庫

職務: サイト-81██の低温保管室・薬品庫の管理、化学系・温度異常系オブジェクトの管理・研究、温度異常の可能性があるオブジェクトの初期収容・山林での収容任務への同行、害獣駆除

専門: 有機化学、熱化学、環境化学

来歴: 1990/7/81生まれ。化学博士。2018/3/██、祖父母宅近くの山林に祖父とともに高熱を発するカピバラ2と遭遇し、抱きかかえているところを当該異常存在の収容に向かったエージェントに発見され、異常性が発覚しました。水鐘博士の祖父は保護・検査ののち記憶処理を行い解放されました。水鐘博士は████大学大学院を卒業後、ポストドクターとしての就職を希望したものの全て不採用となったため就職先が未定であり、財団への就職を強く希望した上、その能力も十分であると判断されたため採用されました。

人物: 水鐘博士は身長162cmの常に白衣を着用している、肩から背中ほどの長さの暗い茶色の癖毛をもつ女性です。

水鐘博士はいかなる高温・低温によっても生命機能が損なわれない異常性を持ちます。これには衣服が燃えない3、手に付いた水滴が凍らない、といった事例がある一方、手に持った紙片を自身の一部と認識するよう指示した実験では紙片は通常通り燃焼したこともあり、影響範囲は水鐘博士の無意識の認識によるとみられます。また、その異常性にもかかわらず水鐘博士は冷たい場所を好みます。気温と触れたものの温度を正確に測る事ができるため、異常性もあって度々初期収容現場などで重宝されます。なお、この能力は異常性のために発達したものではありますが、異常性に直接起因するものではありません。

水鐘博士はその異常性のため一般に重い熱傷・凍傷を負うような行動をとることがあり、これが原因でこれまでに20回以上医療部隊の不要な出動要請がありました。これ以上の不要な出動を防ぐため、水鐘博士のとりうる一般に危険とされる行動・特異である行動のリストが作成されました。このリストは同サイトに勤務する職員全てに公開されます。

リストに記載された特異な行動の例

  • やかん内のお湯の温度を素手で確かめる
  • 冷凍保管庫内での仮眠
  • 冷凍保管庫内でアイスを食べる
  • 慣用句の「火中の栗を拾う」を「朝飯前」と同義として扱う

その異常性と化学分野における深い知識からサイト-81██の低温保管室・薬品庫の管理を日常的な職務としており、ほとんどの時間を低温保管室内で過ごします。低温保管室内部の冷蔵保管庫の室温は3℃、冷凍保管庫の室温は⁻20℃と低温のため、水鐘博士に用事がある場合はまず低温保管室正面の水鐘博士のオフィスにいるエージェント・赤羽、御影研究助手を通して連絡する4ことが推奨されています。

水鐘博士の趣味は狩猟5です。週末には祖父の害獣駆除業務の手伝いに行くことがあり、獲ってきた猪・鹿などの肉を職員に振る舞うことも多々あります。ライフル・ショットガンを用いた射撃能力は財団エージェントの平均を上回ります。

水鐘博士はアルコールの吸収能力が低く、分解能は非常に高いため、ほとんど「酒に酔う」様子が見られません。なお、これは遺伝的な体質であり、非異常のものです。

お酒は酔うのが良いって言うのはよく聞くんですが私にはさっぱり分からなくてですね、オレンジジュースとかの方がおいしいしコスパも良いんで好きです。まあ飲めないんじゃないし度々祖父に飲まされてきたので乾杯だけはしますが。—水鐘博士

水鐘博士は雇用時の心理診断において他者への無関心及び自身の活動に不要な交流を避ける傾向が見られましたが、現在そのような様子は伺えません。ただし、非異常、一般の職員との交流と比較して異常性を持つ職員、変人あるいは奇人と称される職員との交流が多いようです。

  • 最終学歴は院卒。理学部化学科
  • 童顔。若いというより幼く見える
  • 右利き
  • 55kg
  • 5歳の頃目の前で父親が車に撥ねられて死んだが、父親の死を悲しむ、自分の不注意を悔やむだけでトラウマにはなっていない
  • SCP-978実験記録で死んでいる女児は本人。しかし自殺願望があるわけではなく、多くの人を救えた父ではなくなんでもない自分が死ねばよかったという後悔
  • ザルすぎて酔えないためわざわざアルコールを飲むのが分からない。ジュースが好き
  • 祖父は汞姓で、不死性の研究をしていた。水鐘家は水鐘博士の父親からの分家。水兼家も分家。つまり親戚
  • コーヒーはミルク砂糖たっぷりが好きだがミルクは無くても飲める
  • 勤務用と狩猟用と部屋着の他に服がない
  • 自分の居場所に財団を選び、居場所として守る人
  • ポスドクになれなかったのは教授(界隈でもそれなりに偉い人)との関係が良くなかったから
  • 財団就職直前は来年の募集まで祖父の手伝いで猟師でもやろうかと思っていた。銃の免許は大学在学中に取った
  • 異常性が遺伝する可能性が高いので子供は産みたくない。そのためあえて恋愛を避けている節がある
  • 薬品管理は(本人が優秀なのもあって)閑職。空き時間に銃を手入れしたり個人的な研究をしたりおやつ食べたりしている
  • 人間関係の問題が無ければ間違いなく国内有数の研究者になっていた
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License